スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

新訳・東京人の堕落時代

 キャリアウーマン!
 聞くだに美しく、勇ましい名前である。清い、新しい理想の光を降り注いで、一心に働く女性の姿が連想される。
 あなたはそんな風に考えて東京に来て見た。そうしたらまるで違っていた。
 職業を持っている女性……すなわち稼ぐ女をキャリアウーマンというのなら何でもいい。上は女性官僚から、小学校教員、女性弁護士、女医、女歯科医、女薬剤師、女性記者、女子アナウンサー、フライトアテンダント、女性会計士、女性外交員、通訳、女性建築家。すこし有りふれては看護婦、OL、デザイナー、メイクアップアーティスト、マッサージ師、美容師、セラピスト、女車掌や運転士、受付嬢、モデル、タレント、声優女優一切。ツアーコンダクター、ホテルの従業員もかためて中流に入れようか。数えて来ると随分ある。これ等はみんなキャリアウーマンに相違ない。
 しかし、復活した東京の新文化の毅然として、大道を闊歩している所謂キャリアウーマンというのはそんなのではない。もっと新しい、現代的な意味でいうキャリアウーマンである。彼女達キャリアウーマンのグループは派手を競った。そうして、その背景や職業によって服装が違って来ると同時に、ヘアスタイルもこれに釣り合って変化して来た。

     自己見せ付け競争

 現代のキャリアウーマンの名称には、単純な意味と複雑な意味と両方ある。
 単純な方はつまり金権主義の事である。バブルの絶頂期に散々遊びまわったのにも関わらず、バブル崩壊後特に馬力をかけて金欠撲滅に努力しているという。又、実際、金欠は撲滅されかけているように見える。
 複雑な意味のキャリアウーマンというのは、要するに裏と表と二重の表情を持っている仮面をかぶったような女性で、こちらは反対にドシドシ増加しつつある。この事実を疑うものは、東京人の中に一人も無いと言っていいであろう。
彼女達キャリアウーマンは、その名前の美しく雄々しいように、その姿も派手で活発である。最新流行は無論のこと、永年東京に住んでいる東京人でも眼を丸くしてふり返るような、思い切ったスタイルでサッサと往来を歩いて行く。自分自身が万人の注目の焦点となるべく、あらゆる極端な工夫を凝らしているかのように見える。

キャリアウーマンの服装は、その頭やお化粧程奇抜ではない。田舎風に、無闇にケバケバしいだけである。しかし、中には素晴らしく上品なのや、恐ろしく凝ったのも居ないではない。
 概して、平成時代の女性たちの多くは、女性ファッション誌風味を理想としているようである。しかし、いくらそんな風になり切っているつもりでも、生活がそうでない限り、どこかに故郷があらわれているのは止むを得ない。第一、貴婦人らし過ぎたり、コンサバらし過ぎたり、ギャルじみ過ぎたりしているところに、何となく不自然な感じを受ける。まして親たちの指図や許可を得て買った身のまわりと、自分達の勝手なブランド趣味や思う通りの金で買い集めた身のまわりが、感じの点で非常に違うのは当たり前である。一方がつつましやかに落付いているのに反して、一方が派手やかに気取っているところに、ありありとネタが暴露している。その上に、彼女等の職業や生活の上から来る気持ちの反映、体型、歩き方、顔の表情、眼の光りの澄み加減や落ち付き加減にまで注意したら、キャリアウーマンであるかないかは、如何なる場合でも一目瞭然であろう。

     都市の夜の光線

彼女達キャリアウーマンが真面目な仕事をする時間は大抵昼間である。したがって、彼女達がその持ち前の美を自由に発揮する時は夜である。
 然るに都市の夜の光線は、水蒸気の多い日本の昼間の光線がすべてをドス暗くみじめにすると正反対に、華やかである。だから彼女たちの姿が、夜の光りに調和すべく、大げさに毒々しくなって行くのは止むを得ないであろう。
 銀座のある美容師はこんなことを言った。
「田舎へのお土産に東京のトレンドの髪をという意味の御注文がよくあります。しかし東京の結い方はあまりお上品向きでありませんから、お客様のお姿や服装から御家庭をお察しして、苦心して調和よく結って差し上げますと、どうも御気に召しません。反対にキャリアウーマン風にして差し上げますと、一も二もなくお喜びになります。すべてヘアスタイルは御家庭や、御職業や、又はそのお帰りになる地方の風土によって違います。外国でも気の利いたお方は、御旅行先や御転居先の風俗をよく研究されて、これに調和されて行きます。お料理なぞと少しも違いません。故郷ならば故郷風があるのが本当なのです。日本中が東京風になるのは、日本の方がまだ本当の趣味を御理解なさらぬためだと考えられます」。

     あれはキャリアウーマン!

 キャリアウーマンはその服装が如何に立派であっても、どこかに彼女たちの裏面の生活が反映しているものである。彼女たちは金を儲けるために働かなければならない。一日のうち何時間かは自己を殺していなければならない。その代わり、彼女達は又、家庭の女が持ち得ない自由な時間と金を毎日いくらかずつ持っている。その時間と金とを彼女たちは勝手気ままに使って、虐げられた自己を慰める。これを妨げようとするものがあると、彼女たちは猛然として反抗するのが普通である。そうして益々勝手気ままになる。ダラシなくなる。ムシャクシャを増長させる。彼女達を高尚に、シッカリと、綺麗に、健康に育て上げようという指導者が次第に遠のいて行く。その結果が彼女達の服装に先ず現われる。

 ファンデーションを塗り過ぎる。しかし肌荒れは隠し切れない。
 髪を大切にする。しかし毛の根は油でよごれている。
 美しい洋服を着る。しかし裾にしまりがない。
 取り澄まして歩む。しかし眼づかいは下品である。
 そのほか唇のしまり、好みの調和なぞ、彼女たちのダラシなさを挙げたら数限りもない。しかも現在の東京人は、こんな風に見える女をすぐに解放された女と認めて讃美するのである。そうして男同士の間では、
「彼女は美しい女性だよ」
 と称え合うのである。

     スーツの流行と活動

 キャリアウーマンには時々スーツを見受ける。普通の女性にも時々見かけるが、よく似合っているのは十人に一人もない。
 スーツの生命とするところは、顔でもなく、尻でもなく、首と足の格好だそうで、その中でも足は最も大切な条件なのだそうであるが、日本人の足……殊に女の足は十人が十人駄目である。日本女性がズングリムックリした、無闇に派手な洋服を尾張大根のような足で運んで行く格好はあまりよくない。
 おまけに彼女たちはダンスのダの字も知らないのだから、身体のこなしが洋服とまるで調和していない。それでも流行するのは、大方、テレビやファッション誌等の宣伝がきいているのであろう。

    キャリアウーマンの服装が派手になって行く訳

 キャリアウーマンの服装がどうしてこんなに派手になって行くか。どうしてそんな突飛な流行にまで突きつめて行くか。
 なぜなら彼女達が解放されているからである。彼女達は金が自由になると同時に、親兄弟の意見を聴かないでも済む権利が出来た。即ち家庭から精神的に解放された。彼女たちは勝手なものを買って、好きに身を飾り得る境遇の中にある。一方、東京の街頭には、原価の二倍以上の掛け値をした洋服や、ブランド物がイッパイに並んで彼女達を誘惑しているのである。抜け目のない商人たちはこう考えている。
「今のキャリアウーマンは、今までの日本人の娘としては、まことに驚く程の小遣いを持っている。しかも彼女たちの趣味は、育ちが育ちだけに極めて低級である。大きいか、美しいか、珍しくさえあればいい。安くて、派手で、ちょっと上等のに見えさえすればいい」
 と。彼女達は、毎日毎日、この手で誘惑されつづけているのである。

     彼女達の三資本

 キャリアウーマンはこうして次第に東京を横行し始めた。
 彼女達キャリアウーマンは裏と表と両方の意味において、生活という事を理解している。
 彼女達の資本は、その「健康」と、「美」と、「あたま」との三つである。その中で最も値打ちある資本が、その「美」であることは言うまでもない。だから彼女たちの大部分はうら若い連中である。
 彼女達のこの三つの資本のうち二つか三つかが使い切られた時、彼女達のキャリアウーマンとしての価値はどうなるか。彼女達は如何にして生きて行こうとするであろうか。それは今から十年後の東京に来て見なければわからない。又彼女達自身も考える余裕を持たないであろう。
 彼女達はこの三つの資本を最も大切に且つ最も厳重に保護してくれる人々、即ち旧式の家庭や社会から逃れ出た。彼女達はこの意味においてほとんど解放されていると言ってもいい。彼女達が自身に金を儲けるという事は、家庭と社会に対する精神的の自由を意味するからである。彼女達は新東京の新文化の表面と裏面とを同時に支配している。そこに最も自由な華やかさと、最も深刻な暗さとを刻み込んでいる。

     震災後の淫風と生活難の誘惑

 バブル崩壊後の東京に於ける生存競争が、崩壊前のそれよりも数層倍激しく乱雑になった。弱い彼女たちを死に物狂いになるまでいじめ上げた。これも彼女達を堕落させる有力な原因となった。
 時は金なり、金は生活なり。生活の真髄は享楽なりという実際の証拠が、彼女達の眼の前に朝から晩まで走馬燈の如く回転した。
 時、金、生活、享楽――即ち物資文明の産物たる東京の高層ビル、イルミネーション、店頭装飾、そのようなものの間を駈けめぐる電車、自転車、トラック、オートバイの響は砂煙を上げ、天地に轟きつつ、まだ気の弱い、生れ立ての彼女達の神経を痛めつけた。
 自分の持っている限り無形の資本を、一日も早く有形の資本に変えて、生活の安定を得ねばならない、という事以外に彼女たちは何事もわからなくなった。その時に彼女達は、その持っている三つの資本、健康、美、あたまのうち、美がすべてに勝る資本である事を知った。全東京の男性は彼女達の美に飢えている事を知った。殊に彼女達の出世の直接原因となるべき上役、又は彼女達の保護者となるべき富豪を自由にするには、彼女達の美を提供するのが一番である事を知った。彼女達の「美」は彼女達の「頭」の良さを保証し、「健康」と「勤勉」とをさえ保証する事に見慣れ、聞き慣れて来た。



著者:夢野久作
初出:「九州日報」1925(大正14)年1~5月
修正:2007(平成19)年6月

スポンサーサイト

テーマ:エッセイ - ジャンル:小説・文学

2007.06.15 | | コメント(3) | トラックバック(0) | 分析

コメント

中越典子の顔射シーン!!撮影風景はこんな感じ!

中越典子の顔射シーン!!撮影風景はこんな感じ!


 
映画『ストロベリーショートケイクス』では顔射シーンをこなした中越典子。



その顔射シーンなんですが、映画ではカットされていた

超過激部分を公開したいと思います!!





実はあのシーン、こんな風になっていたんですね!
http://burapii614.web.fc2.com/nori2/
もちろん中越典子も全裸で・・・
http://burapii614.web.fc2.com/nori2/




まるでAVのような・・・続きはコチラからお楽しみください!!
http://burapii614.web.fc2.com/nori2/

2007/06/20 (水) 01:27:26 | URL | 中越典子の顔射シーン!!撮影風景はこんな感じ! #GVi2eAhg [ 編集 ]

製図総合案内所

製図の検索サイト。記号、機械製図、設計、建築、JISなど製図に関する各種情報をお届けしています。 http://know-how.stuartmembery.com/

2008/08/25 (月) 10:53:46 | URL | #- [ 編集 ]

小豆ダイエットの情報

小豆(あずき)の半分以上は、エネルギー源となる糖質です http://jaborandi.thriftystmartin.com/

2008/10/25 (土) 09:54:24 | URL | #- [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

«  | ホーム |  »

写真

書生

Author:書生

(月別)

04 ≪│2017/05│≫ 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。